×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 2004年8月の巻 <8月6日〜10日> 

TOP

■ えてぽんスペシャル弐号 進水式

  5月連休以来の阿嘉島です。前回水没したC4040に変わって、えてぽんスペシャル2号が完成! 進水式となりました。

   ●えてぽんスペシャル2号

      ・ハウジング・・・・アンティスD100 ・カメラ・・・・Nikon D100 ・Nikkor AF-Micro60mm f/2.8D ・ストロボ・・・・INON Z220

 

 と言うわけで、ついに一眼レフです。八重山大好きデジカメクラブのtakeさんがD100を使っておられるのを

 見て我慢できなかった訳です(笑) とにかく画像のシャープさ。解像度の良さ。やっぱ一眼レフ!

 しかし、NikonからはD70が既に出ており、値段もこっちの方が安い。しかし、この時点ではアンティスからは

 ピックアップファインダー付きのハウジングがまだ未発売だったのと、D100の方がさすが定価で30万もする

 だけあって細部の造りがよかった・・・云々ということから天の邪鬼な私はD100を選択。来年には新機種で

 そうだけどねぇ・・・・

 

■ ピントがあった瞬間に感激

  ドキドキしながら進水式。水没したらどうしよう・・・などど余計な事を考えつつ初使用。陸上ではクソ重いハウジングも水中ではなんとバランスの

  いいことか! 片手でホールドできるし、陸上ではなんと軽いと思っていたシャッターもとっても良い感じ。このへん、オリンパスのハウジングなど

  とは雲泥の差。ま、値段から考えても比較するのは無茶ですが・・・

  最初は使い勝手が分からず、オートフォーカスとマニュアルフォーカスの切り替えでとまどったりしましたが、かなり慣れてきました。

  

  感想は、「もっと早くに一眼レフにしとけば・・・」 ピントのあいかたが違う! ピックアップファインダーはほんとに見やすく、ピントもあわせやすい。

  オートフォーカスでも、かなりピンがきます。このあたり民生機との差をひしひしと感じますね。マニュアルフォーカスも使いやすい。エビなど小さな

  被写体にピントあわせるなら、むしろマニュアルの方がいいですね。 ピンが来たときファインダーごしに見えるエビのなんと美しいことか!

  ストロボはとりあえずはZ220一灯で使用。今まではD180とZ220の二灯で使用していましたが、Z220一灯でも問題ありませんでした。

  フルマニュアルで撮った訳ですが、はじめはちょっととまどいましたが、慣れてきました。一度、ストロボがチャージしないというトラブルが発生し、

  あわや・・・という事もありましたが、なぜか復活。(理由不明? INONにオーバーホールに出そうかなぁ・・・初代Z220だし。)

 

■ あわや 台風。。。。

   

フィリピン沖の熱低が台風13号に! 少しずつ阿嘉島にも影響が。

私たちが行く前日までは「べた凪」だったとか。東風が吹き出し、波

も少したってきましたが、まだダイビングには大きな影響はありませ

ん。ちょっと行けるポイントが限定されてきましたが・・・・・

最終日の10日はかなり風も強くなり、クィーンざまみは1便のみ運

行。フェリーも1便のみの運行に。島から脱出する観光客で船は超

満員となりました。

我々は予定通りでしたが、帰りのクィーンざまみは大揺れ。でも、先

代のクィーンざまみにくらべて揺れも少なく安定しています。

余談ですが、私たち到着した6日まで、また、デヴィ夫人がお越しに

なっていたようです(w

 

荒れ始めた阿嘉港(10日朝)→

 

 

 

                  

1/160 F5.6 Z220 -2  1/180 F8.0 Z220 -2 1/60 F20.0 Z220 -2

  やっぱり撮ってしまう「ニモ」 元気に泳いでいましたが、確実に数は減っているように思います。

  海中名物「トウアカクマノミ」 おもしろい顔ですなぁ。にらめっこみたい。 ちょっと、ストロボ設定にまだ難があります・・・・

     
パンダウミウシ
飛び気味です。。。。

?(調べ中) ピント甘いし飛び気味だけど、見た目が面白い。象に似ていると思いません? もうひとつのは、自分の吐いたエアが写ってしまった。

1/160 F6.3 Z220 -2 1/180 F6.3 Z220 -2   1/60 F6.3 Z220 -2
     

ハダカハオコゼ ピンクと白

ピンクは初めて見ました。
白というよりは、半透明ですなぁ。

  1/60 F6.3 Z220 -2

 

   

ガンガゼエビ ルリホシスズメダイ シマキンチャクフグ
なんと美しい! ファインダーごしに思わず声をあげてしまったほど・・・

1/60 F6.3 Z220 -2

ふだんは写すこともないけど・・・・
よく見ると綺麗です!

1/125 F7.1 Z220 -2

ちょこちょこ動くのでなかなか撮りずらい
けど、この子もよくみると綺麗だ。

1/60 F6.3 Z220 -2

     
←オオモンイザリウオ

頭に血が上りそう・・・・40cmはある巨大なイザリウオオ。可愛くないです(笑)
      
1/60 F5.6 Z220 -2

ネッタイミノカサゴ(幼)→
5cm位の子供ですが、大人と同じだ。

1/60 F6.3 Z220 -2

     
クダゴンベ スミレナガハナダイ ヤエヤマギンポ
新ポイント「北浜南」 通称:サロンパス。メスは何故か黄色い。 目の上のフサフサがいい!
1/125 F5.6 Z220 -2

 

1/125 F7.1 Z220 -2 1/100 F8.0 Z220 -2
ガラスハゼ キンセンハゼ コブシメ(幼)
1/40 F6.3 Z220 -2 1/60 F6.3 Z220 -2 げんこつ位の大きさ。
生意気に威嚇してきます。

1/180 F6.3 Z220 -2

 

キビナゴの大群 ワイドが欲しい(^◇^;) もの凄い数でした。ミノカサゴが数多く出てきて捕食中。
これも圧巻でした。あんな数のミノカサゴを見たのも初めて。

 

                                

 

また来ます!

 

●Diveシルエット

●ホテルシードルン